第23回「いいね!働き方コーデのオトナ診断」 ~派遣会社の種類と選ぶ際のポイント~

更新日:2019/04/02

第23回「いいね!働き方コーデのオトナ診断」自分に合った派遣会社って?~派遣会社の種類と選ぶ際のポイント~

仕事に価値(メリット)を提供する「Job Merit」のワークコンシェルジュとして働く
ジョブメリさんが、イマドキの若者の働き方についてさまざまなタイプの大人たち議論を交わす
「いいね!働き方コーデのオトナ診断」。
高橋さんは、まだ21歳の若さ溢れるエネルギッシュな女性。演劇を趣味にしていて、
年に4回ほど舞台に立つこともあります。趣味の時間を大切に毎日イキイキと暮らしている彼女ですが、
どうやら最近、悩みごとがあるようです。

たまたま同じ舞台を観劇していたことで知り合ったジョブメリさんが"派遣アドバイザー"だと
知った高橋さんは、「相談したいことがある」と持ちかけました。
今回は派遣会社の種類と選び方について、高橋さんと一緒に学んでいきましょう!

一言で派遣会社と言っても種類がある
ジョブメリさん:
お久しぶりです。今日は相談があると聞いたのだけれど……?

高橋さん:
はい! ジョブメリさんは、私が演劇好きなのはご存知ですよね?

ジョブメリさん:
もちろん! 今も定期的に舞台に立っているんですよね?

高橋さん:
はい。だから、仕事も舞台と両立しやすいアルバイトを選んだんです。
でも、20歳を過ぎて1年経ったところで、ふと将来が不安になってしまって……。
それで、派遣社員になってみようかなって思ったんです。

ジョブメリさん:
なるほど。それで私に連絡をくれたんですね。正社員より派遣のほうがいいんですか?

高橋さん:
正社員だと時間の融通が利かなそうなので。趣味の時間を確保することは、私にとってマストの条件ですから!

ジョブメリさん:
それなら、派遣はぴったりですよ!

高橋さん:
でも、派遣会社のサイトを見ていたら、どこを選べばいいのかわからなくなってしまって……。
中には、同じような仕事ばかり載っているサイトもあったんですよ。
派遣って、いろんな仕事を紹介してもらえるんじゃないんですか?

ジョブメリさん:
もちろん、いろいろな仕事を取り扱っている派遣会社もたくさんあります。
でも、中には特定の分野に特化した派遣会社や派遣サイトもあるんです。
主に、幅広い仕事を紹介してくれる「総合型」、看護師やプログラマーのように業種を特定している
「業種特化型」、飲食や介護のように業界を特定している「業界特化型」の3種類に分けられることが多いですね。

高橋さん:
うーん、難しいんですね……。

ジョブメリさん:
そんなことありませんよ! それぞれの特色を知った上で利用すれば、
より自分に合った派遣会社選びができるんです。

それぞれの派遣会社の種類の特色をつかもう
ジョブメリさん:
たとえば総合型派遣会社なら、業界や業種・職種を問わず、いろいろなジャンルの派遣求人を取り扱っています。
だからこそ求人数も多くなりますし、いろいろな仕事を経験することもできるでしょう。
もし高橋さんが、「大手企業に勤めたい」とか、「自分に合った職種や業界がわからないから
いろいろ試してみたい」と思っているなら、総合型の派遣会社がおすすめ! 
それに、大手の派遣会社が多いから、しっかりサポートしてもらえる可能性が高いんです。

高橋さん:
確かに、それなら派遣初心者の私でも安心して働けそうです。

ジョブメリさん:
ただし、専門分野の知識が豊富なコーディネーターは少ない傾向にあります。
だから、もし専門性の高い技術職に就きたいのであれば、業界や業種を限定した
派遣会社を利用する方がいいかもしれませんね。

高橋さん:
「業界」と「業種」の違いがいまいちよくわからないんですけど……。

ジョブメリさん:
「業界」というのは、「建設業界」や「飲食業界」「IT業界」のように、
会社が行っている事業がどんなものなのか、ということです。
業種は、「通訳」や「看護師」のように、その会社の中でどんな仕事をするか。
たとえば、「医療業界」というと、医療事務や看護師、受付、医師、薬剤師、と、いろいろな業種があります。
反対に、「事務」という同じ業種の場合、通信業界なのか不動産業界なのかといった業界の違いがあっても、
仕事内容はある程度限定されます。もちろん、業界による違いもありますけどね!

高橋さん:
やりたい仕事が決まっているなら業種特化型、働きたい業界が決まっているなら業界特化型という感じですか?

ジョブメリさん:
そうですね! たとえば飲食業界のプロを目指して「ゆくゆくは自分のお店を持ちたい」
という場合は、業界特化型が向いているかもしれませんよ。

自分に合った派遣会社を選ぶには?
高橋さん:
業界とか業種に特化した派遣会社か、総合型の派遣会社か……悩みますね……。

ジョブメリさん:
高橋さんは、今どんなアルバイトをしているんですか?

高橋さん:
レストランのウエイトレスです。たまに厨房に入ることもあるんですよ!

ジョブメリさん:
それなら、飲食業界に特化した派遣会社で仕事を探すのもいいかもしれませんね。
あとは、演劇で鍛えた滑舌を活かしてコールセンター業務についてみるとか。
それに、高橋さんはとても明るくて笑顔が素敵だから、受付なんかもいいかもしれませんよ!

高橋さん:
なるほど! 自分にできることとか、やりたいことを基準に考えてみるのがいいんですね。

ジョブメリさん:
あとは、仕事に活かしたい資格があるかどうかや、将来正社員を目指すかどうかによっても変わります。
それから、福利厚生のしっかりした大手企業で働きたいのか、小さい会社で自分の能力を
試してみたいのかによっても変わってくるでしょう。「自分の目指すビジョン」をはっきりさせれば、
自然とどこの派遣会社を選べばいいかが見えてくるはずですよ!

高橋さん:
そうですね! 派遣で経験を積んで演劇に活かしていきたいと思います。

ジョブメリさん:
自分の未来のために選んだ仕事先なら、きっと楽しく前向きに働けますよ。頑張ってね!

自分自身が目指すもの、できることを明確に
高橋さんはその後、大手派遣会社に登録してショッピングセンターの受付事務の仕事を始めました。
その派遣会社は案件数が多く、サポート体制が整っていて、最初の面接でもしっかり高橋さんの希望や
ビジョンをヒアリングしてくれたそうです。

自分自身の目指すものや、できることを明確にすることが、派遣会社を選ぶ指針になります。
派遣の求人内容だけでなく、登録する派遣会社についても見定めて、希望に合った仕事を見つけましょう。
「なんとなく」ではなく、「意図的に」派遣会社を選択することが、明るい未来につながっていくはずですよ!

【今回のまとめ】
・派遣会社には「総合型」「業種特化型」「業界特化型」がある。
・それぞれの派遣会社の種類の特色をつかむのが成功のカギ。
・やりたいことを明確にしたうえで「意図的に」派遣会社を選択すべし。

【登場人物】
ジョブメリさん:JCSで働くお仕事アドバイザー。

高橋さん:高校卒業後、フリーターとしてアルバイトに従事。
     自分の趣味の時間も確保したいという思いから派遣で働くことを決意した21歳の女性。

お仕事検索はこちら
https://www.jcsstaff.jp/search

バックナンバー

PAGE TOP

LOGIN