第17回「いいね!働き方コーデのオトナ診断」~小中学生の将来の夢!YouTuberは本当に天職?~

更新日:2018/12/12

第十七回「いいね!働き方コーデのオトナ診断」
小中学生の将来の夢!YouTuberは本当に天職?
~YouTuberは決して楽しく簡単に稼げる仕事ではない~

仕事に価値(メリット)を提供する「Job Merit」のワークコンシェルジュのジョブメリさんが、
さまざまな登場人物とイマドキの若者の働き方について考える連載「いいね!働き方コーデのオトナ診断」。
第17回の登場人物は何と小学生。近年、小中学生の間で将来なりたい職業の上位に「YouTuber」が
顔を出すようになりましたが、その理由をジョブメリさんの甥っ子の空くんに尋ねてみました。
そして、まだ仕事についてきちんとわかってはいない空くんに対してジョブメリさんは、広告代理店
営業部の派遣社員である佐藤さんを引き合いに出し、働くことがどういうことなのかを熱弁するのでした。

子どもが憧れる職業がYouTuberなワケ

ジョブメリさん:
空くん、見ないうちにまた大きくなったわね!最近の小学生はいつも何して遊んでいるの?

YouTuberに憧れる小学3年生・空くん:
ジョブメリお姉ちゃん、こんにちは!いつもはスマホアプリで遊んだり、YouTube見たりして遊んでいるよ!
僕、YouTuberの動画を見るのが好きなんだ~!

ジョブメリさん:
スマホアプリやYouTube……。最近の子は物心ついたときからインターネットがあるのが当たり前だからね。
ジェネレーションギャップがあるわね。空くんはいつからスマホを持っているの?

YouTuberに憧れる小学3年生・空くん:
小学校に入ってからだよ!クラスのみんなが持っているし、今時はそれが当たり前だよ!

ジョブメリさん:
私の時は高校生になって、親におねだりして買ってもらったくらいなのに……。
"スマホネイティブ"は本当に恐るべしね。でもまだ空くんは小学生なんだからお外で遊んだり、
本をたくさん読んだりして色んなことを学んだ方がいいわよ!
インターネットは便利だけど、それだけだとスマホがないと生きていけない人間になっちゃうかもしれないよ?

YouTuberに憧れる小学3年生・空くん:
僕はスマホやパソコンでインターネットを見るのが好きだから、それは嫌!!将来の夢はYouTuberなんだもん!YouTuberはすごいんだよ!自分の動画をアップすることで世界中の人たちに自分の存在を
知ってもらうことができるんだよ!人気のYouTuberになれれば、お金持ちにもなれるし、
自分の好きなことや面白いことを仕事にできるなんてすごいことだよね!

ジョブメリさん:
最近、子どものなりたい職業ランキングにもYouTuberがランクインしていて
話題になっていたけど、まさか空くんもそうだなんて……。
でも何で芸能人やスポーツ選手でもなく、YouTuberで人気者になりたいのかな?
有名になる方法は他にもたくさんあるし、お金持ちにも他の職業でもなれる可能性があるわよね?

YouTuberに憧れる小学3年生・空くん:
だってYouTuberは自分が好きなことを動画にして、それをアップするだけでお金が稼げるんだよ?
すごく楽しいし、楽だと思うんだ!芸能人とかと違ってテレビに出なくても自分の家で仕事ができるし、
スポーツ選手みたいに才能がなくても自分の工夫で動画を作れば仕事になるんだよ!
こんなに自由に楽しめる仕事はYouTuberしかないよ!

YouTuberとして働くことの厳しい現実

ジョブメリさん:
なるほどね!確かに小中学生にYouTuberが人気であることは頷けるわね!
生まれた時からネット社会を過ごしてきた空くんからしたら、YouTuberが一番身近なヒーローだものね。
ただ、空くんは知っている?YouTuberでお金持ちになれる人って本当にごく少数しかないことを。

YouTuberに憧れる小学3年生・空くん:
え~?そうなの!?僕たちがいつも見ているYouTuberはたくさんお金を稼いでいるって聞いたよ!

ジョブメリさん:
確かに空くんがいつも見ているような"有名なYouTuber"であれば、
お金をたくさん稼いでいるけれども、それはごく少数なのよ。
空くんがいつも見ているYouTuberって10人もいる?
ちょっと難しい話は空くんにはできないけど、YouTubeは再生回数がある程度ないと
収入が入らない仕組みだから、頑張って動画をアップしていても、お給料がゼロという人もいるのよ。

クラスのみんなが知っているような人気者になれればいいけど、
空くんが知らないようなあまり人気がない人は全然お金が入らない大変な仕事
ということもちゃんと覚えておこうね!それを踏まえて空くんが目指すならお姉ちゃんも応援する!

YouTuberに憧れる小学3年生・空くん:
全然知らなかった~。YouTuberになればみんな遊びながらお金がもらえると思ってた。
お給料がゼロの人もいるなんて初めて知ったよ!お姉ちゃんは何でそんなこと知っているの?

ジョブメリさん:
私の仕事はね、いろんな人に働き方の提案をするお仕事アドバイザーっていう仕事なの。
だから色んな仕事を知っているのよ!
YouTuberのように一気に人気者になれるような夢のある仕事もいいんだけど、
お姉ちゃんの友だちは地道に頑張って働いている人ばかりだよ!
広告代理店で働く佐藤さんって人もその1人。

YouTuberに憧れる小学3年生・空くん:
その佐藤さんはどんな仕事をしているの?広告代理店ってなぁに?

ジョブメリさん:
おっと、ごめんね、空くんに難しい仕事の話をしてもまだわからないよね。
佐藤さんはね、簡単に言うと自分たちの会社を宣伝したいと思う人と、
実際に宣伝をしている人たちをつなげる仕事をしているの。
いろいろな人と関わりながら、いろいろな会社の仕事を手助けする仕事かな!

YouTuberに憧れる小学3年生・空くん:
そうなんだ~。なんかあまり面白そうじゃないね。
やっぱりYouTuberみたいに有名になれて、楽しくできる仕事がいいな~。
僕、YouTubeを見るのが好きだから、やっぱり好きなことを仕事にしたいと思うな!
人のために働くのってなんだかつまらなそうだし!

好きなことより得意なことを仕事に

ジョブメリさん:
好きなことを仕事にしたいというのは正解よ!
だから空くんが本気で夢を追いかけるなら、それはすごく良いことだと思う!
でも「人のために働くのはつまらない」というのはちょっと違うかもしれないね。
この世の中は多くの人たちが協力し合いながら生きているから、
"誰かのためになる"ということが働くということの大前提になるのよ。

YouTuberだってそう!空くんのように見てくれる人を楽しませるために
やっているのだから、そこを勘違いしたらダメよ!
自分の好きな動画をアップするだけでお金がもらえるというわけじゃないんだなぁ。
それを見て喜んでくれる人がいないようだと、収入ゼロになっちゃうわよ!

YouTuberに憧れる小学3年生・空くん:
そっか~。自分のやりたいことを自由にやってお金持ちになりたいと思っていたけど、
そんな簡単なことじゃないんだね。でも誰かの役に立つ仕事ってどんなこと?
それは僕にもできるのかなぁ?

ジョブメリさん:
それはもちろん、できるわよ!さっき紹介した佐藤さんは、仕事においてすごく気遣いができる人なの。
周りの人が困っていたらサポートするし、みんなが気持ちよく仕事ができるように
いつも明るい対応をしてくれるし。
空くんも働くようになったら、「誰かの役に立ちたい」という気持ちを大切にすることが大切よ。
そうすれば、自然と自分の行いが感謝されるようになるから、そうすれば仕事も楽しくなるはず!

空くんが知っているYouTuberがみんな楽しそうに動画をアップしているのは、
空くんのようなファンが楽しんで見てくれているからなのよ。
それって動画をアップすることで「誰かの役に立っている」ということじゃない?
それは実は佐藤さんの仕事とも一緒なのよ!

YouTuberに憧れる小学3年生・空くん:
そっか!仕事って、誰かの役に立つことが大切なんだね!
YouTuberは僕にとってアイドルだけど、それは僕の役に立っているからなのか、、、
僕も将来、そういう仕事がしたいと思ってきた。
でも佐藤さんみたいに、誰かの役に立つためにはYouTuberはあきらめた方がいいかな?

ジョブメリさん:
YouTuberをあきらめる必要はないんじゃない?
でもYouTuberとしてどんなことで、空くんが社会の役に立てるかを考えることが大切ね。
たぶん、好きなことよりも何か得意なことを考えた方がいいかもしれない。
その方が誰かの役に立てる可能性が高まるからね!
佐藤さんも自分の得意分野を知っているからこそ、今の職場で求められることを
最大限に発揮できているのだと思う。たとえば空くんには何か特技とか得意なことはある?

YouTuberに憧れる小学3年生・空くん:
そうだね~。学校で休み時間にけん玉で遊んでいるんだけど、先生に上手だって褒められたよ!
割と簡単に大技ができちゃったから、自分としては全然すごいとは思わないけどね!

ジョブメリさん:
YouTuberになりたいとしたら、そのけん玉をやっている動画をアップしてみたらどう?
特技を載せることで、けん玉のやり方がわからない、上手くなりたいというお友だちの
役に立つかもしれないじゃない?
ただ、YouTuberになりたいと思うよりは、まずは自分の動画を上げてみて、
みんなの反応を見てみるといいと思う。
それで動画が人気になるなら、続けてみて将来的にYouTuberを目指してみるのも悪くはないかもしれないね!

YouTuberに憧れる小学3年生・空くん:
そっか!自分の得意なことを動画にアップすれば、誰か困っている人が
それを見て役立ててくれるかもしれないんだね!
じゃあ、僕もけん玉のコツがわかるような動画を今度アップしてみるよ!
そうしたらジョブメリお姉ちゃんもちゃんと見てね!

ジョブメリさん:
もちろん見るわ、約束する!私もその動画を知り合いみんなに紹介するから!

【今回のまとめ】
・楽しそうな仕事ほど裏側には想像も絶する苦労がある。
・職種は何であれ、仕事の本質は誰かの役に立つこと。
・得意なことを仕事に活かしてみるのは成功の近道に。

【登場人物】
ジョブメリさん:JCSで働くお仕事アドバイザー。

佐藤さん:広告代理店の営業部で派遣社員として勤務する26歳女性。
     自分の働くイメージを大事にしつつ、プライベートも充実させたいと考えている。

空くん:ジョブメリさんの甥っ子でYouTuberに憧れる小学3年生。現代の小学生はインターネットで
    動画を閲覧するのは日課のようで、もっとも身近に感じられるYouTuberの職を志している。
    ただ、その厳しい現実についてはまったく理解していない。

お仕事検索はこちら
https://www.jcsstaff.jp/search

バックナンバー

PAGE TOP

LOGIN