第19回「いいね!働き方コーデのオトナ診断」~化粧品メーカーのアンバサダーとして活躍する主婦の実態~

更新日:2019/03/04

第十九回「いいね!働き方コーデのオトナ診断」
SNSを駆使して収入ゲット?インスタグラマーの仕事観とは
~化粧品メーカーのアンバサダーとして活躍する主婦の実態~

仕事に価値(メリット)を提供する「Job Merit」のワークコンシェルジュのジョブメリさんが、
さまざまな登場人物とイマドキの若者の働き方について考える連載「いいね!働き方コーデのオトナ診断」。
第19回は「インスタ映え」が2017年の新語・流行語大賞に輝いたことで一般にも幅広く知れわたった
「Instagram」を活用した職業です。美容系インスタグラマーとして、化粧品メーカーやブランドなど
計10社のアンバサダーを務めている初田さんに話を伺いました。
”半分趣味の仕事”と気軽にかるーく語る初田さん、しかしそこは真面目なジョブメリさん、
広告代理店の営業部の派遣社員である佐藤さんの考えと通じるところが多々あると力説するのでした。

きっかけは趣味のコスメ投稿に対するDMから

ジョブメリさん:
今日はお時間いただき、ありがとうございます。
主婦として家計を切り盛りしながら、美容系インスタグラマーとしても活躍されている
初田さんだけに毎日忙しくお過ごしかと思いますが、こうして話を伺う機会をいただけて大変光栄です。

美容系インスタグラマーの主婦・初田さん:
そんなかしこまらなくても大丈夫ですよ(笑)。
美容系インスタグラマーも主婦業の空き時間を利用してやっているだけなので!
一応、インスタでお小遣い稼ぎはできていますけど、専業主婦として平日を家で
過ごせるのも夫のおかげなんですよ。

ジョブメリさん:
そうなんですね!インスタグラマーの方は"インスタ映え"する写真を撮るのに集中していて、
それこそ空き時間は全部SNSにつぎ込んでいるくらいかと勝手に想像していました……。

美容系インスタグラマーの主婦・初田さん:
まあ、友だちにそういうインスタグラマーも確かにいますが……。
私の場合はあくまでも趣味の延長線上なんです。
もともと私も「Instagramで仕事がしたい!」と思っていたわけではないので。
趣味でコスメのレポを投稿していたら、ある日化粧品メーカーからDM(ダイレクトメッセージ)で
お仕事の依頼を受けました。その後も投稿を続けていると、なぜか次々とアンバサダーの話が
舞い込んできて、気づいたときには計10社と契約していました(笑)。

ジョブメリさん:
それはすごいですね!初田さんの投稿がそれだけ素晴らしかったのだと思います。
実はすでに初田さんのアカウントをフォローさせていただいているのですが、投稿の統一感が素晴らしいですね。
淡い感じの色味にアイテムを引き立てる小物。
さらに写真のカットと大きさを統一しているので、他のインスタグラマーの投稿と比べても目立ちます。
若い女の子の共感を呼ぶ工夫が随所に見られますよね!

美容系インスタグラマーの主婦・初田さん:
ありがとうございます。ジョブメリさんがそんなに褒めてくれるとは思いませんでした!
でもコスメのモニターは慣れているので、そんなに大したことはないですよ。
Instagramの投稿の仕様は、単に私の好みでやっているだけなんです。
みなさん、家具の配置とか色を自分の好きなようにレイアウトしますよね?
私にとってはそれと同じような感覚で、アイテムを私なりに良く見せられると思うカットで
撮影しているだけなんです。

ジョブメリさん:
なるほど、それでもセンスの良さは光る物があります。
もちろんこだわりはあるのでしょうが、変に力みがないというか、
本当に趣味の延長線上でリラックスして楽しみながら継続できているのが
本当にすごいですし、羨ましい限りです。

美容系インスタグラマーの主婦・初田さん:
私の場合は本当にたまたまなので。ただ、SNSってすごいですよね!
そうした趣味の領域で楽しんでいる人がフィーチャーされて一躍に有名人になったり、
投稿経由でテレビや雑誌の取材がきたりするのも日常茶飯事です。
こうしたSNS全盛の時代に生まれてすごくラッキーだったなと思っちゃっています(笑)。

第一は主婦業で、インスタグラマーはできる範囲で

ジョブメリさん:
話を聞いていて、初田さんが本当に楽しみながらインスタグラマーとしての仕事を
していることが伝わってきました!ご自身に合った天職を見つけられたのだなと思います。
ただ、その中でちょっと気になったのが、時間の使い方です。
主婦業と両立しながらインスタグラマーもしているかと思いますが、時間が足りず
どちらかが疎かになることはないんですか?

美容系インスタグラマーの主婦・初田さん:
そういう心配は全然ないですよ。

ジョブメリさん:
え?まったくないんですか(笑)?それはタイムマネジメントが徹底できているのですね。
その秘訣はなんでしょうか?

美容系インスタグラマーの主婦・初田さん:
ジョブメリさんは毎回、話を難しい方向に持っていきますが、答えは結構単純なんですよ。
私にとっては主婦として家を切り盛りするのが第一であり、それに支障を来すような仕事は
受けないと決めているんです。
ですから、今は10社のアンバサダーをやっていますが、これ以上増やすと影響が出そうなので
ストップをかけています。実はオファー自体はもっと多かったんです、、

ジョブメリさん:
なるほど!初田さんの場合は家庭が第一という優先順位が明確なんですね!
自分のキャパシティをきちんと理解しているからこそ、どことなく常に余裕が感じられますし……。
私が仕事で関わっている、広告代理店の営業部の派遣社員の佐藤さんと言う女性と雰囲気が似ていますね!
視野が広くて物事の分別がついて、きちんと自分の判断で仕事をしているところがそっくりです。

美容系インスタグラマーの主婦・初田さん:
きっとその佐藤さんという女性はすごく仕事ができる人なんでしょうが、私はそんなことないですよ!
「いざとなればインスタグラマーの仕事なんていつやめてもいい」と思っているくらいの人間で。
自分ができる範囲のことをこなしているだけなので、特別すごいことではありません。

ジョブメリさん:
いやいや、自分の力量をしっかり把握できなくて困っている人がどれだけいることか!
自身のキャパシティを理解できておらず、業務過多になって潰れてしまった人も私はたくさん見てきました!
だからこそ今、社会では能力が高い人はもちろんですが、自身の明確な領域できちんとやるべきことを
こなせる人が評価されているのです。
佐藤さんはまさしくそのタイプで、プライベートはすごく重視していますが、会社から求められている領域を
きちんと理解しているので、常に業務に抜け漏れがないんですよ!

美容系インスタグラマーの主婦・初田さん:
そんな仕事ができる方と同列で見てくれてありがとう!まあ、私が"できる人"かどうかは置いておいて、
自分の力量をきちんと把握することの重要性については同意しますね。
私も見境なしにアンバサダー契約を結んでいたら、家事どころではなくなって夫に愛想を尽かされて
いたかもしれません……。そういう失敗をしなくて本当に良かったです。

好きなことでお金をもらえるのは本当に幸せ

ジョブメリさん:
初田さんと話していると、本当に自分までポジティブになってきますね!
佐藤さんもそうですけど、自発的に考えて行動することを仕事で実践できている方は、
なんだかキラキラして見えます。

美容系インスタグラマーの主婦・初田さん:
そうですね!良いか悪いかはまた別ですが、自発的に行動できていると日々明るくいられるのは
確かかもしれません。私は主婦もインスタグラマーもすごく楽しみながらできていますし。
特にインスタグラマーとしての仕事は半分遊び感覚でもありますし、好きなことでお金がもらえるのは
本当に幸せなことだと実感しています!

ジョブメリさん:
それは間違いないですね!仕事で自ら行動できていない人は、たいていは誰かの指示のもとに働くことになります。それももちろん必要なことですが、自分なりにどうタスクと向き合っていくか意識していないと、
仕事そのものが"単純作業"で終わってしまうことも多いかと思います。
その点では佐藤さんは書類の溶解処理などの雑務も率先してやりますし、
どの仕事にも意義を見つけて対応しています。
仕事で楽しさを感じられるポイントは、いかに自発的に行動するかにかかっていると私は思うんですよね。

美容系インスタグラマーの主婦・初田さん:
逆に話を聞いていて感心してしまいました(笑)。ジョブメリさんは真面目さんなのですね。
それに私は普段から全然意識せずに好きなことをやっていただけなので、
こんなに褒められることになるとは思ってもいませんでしたし。
ただ、そうした仕事に対するポジティブな姿勢って大切なんですね。
そんな私も結婚前の仕事は常に嫌々やっていたんです。
でも今の仕事は自分で動かない限り、収入を得ることはできないので、自然と自発的になれたのかなと思いました。

ジョブメリさん:
これからの世の中は、より"その人でないとできない仕事"を任せられる人が評価される社会になるはずです。
誰でもできる仕事はそれこそAIなどに取って代わられることになるでしょうし。
だからこそ、自分で考えて発想して、自発的に動ける人がより価値が高いと評価されると思います。
初田さんや佐藤さんのような方が、です。

美容系インスタグラマーの主婦・初田さん:
なるほど~私、知らず知らずのうちに時代に合った働き方をしていたんですね。笑。
でも確かにAIが今よりもっと進歩したら、よりアイデアが求められますね!
私はこれからもAIに負けない素敵な投稿を続けていきたいと思います。

ジョブメリさん:
AIがInstagramの投稿……。考えると笑えますが、そうした未来もすぐに訪れるかもしれませんね。
だからこそ機械的な投稿ではなく、初田さんのような創意工夫がなされた投稿はこれからもずっと
支持されるはずです。今日はいろいろと話を聞かせてくれてありがとうございました!

美容系インスタグラマーの主婦・初田さん:
いえいえ、こちらこそ!普段意識をしていなかったことに気づかせていただきました!
佐藤さんの話も聞けてすごく満足できる時間でした。
そうだ!今度その佐藤さんにも私のアカウントを紹介しておいてください!
それで良かったらフォローもお願いしておいてもらえると。
ジョブメリさんが言うには私たちは思考が似ているようなので、きっとSNSに関しても
わかり合えそうな気がします。

ジョブメリさん:
そうですね!わかりました!佐藤さんには初田さんのInstagramのアカウントをオススメしておきますね!
(初田さんってこういうところちゃっかりしているな~。だからこそ世渡りが上手なのかもしれませんね。)

【今回のまとめ】
・インターネットの発展でこだわりが自分の武器になる時代に。
・自身のキャパシティの把握は仕事の精度にも関わる。
・自発的に考えて働けると仕事がもっと楽しくなる。

【登場人物】
ジョブメリさん:JCSで働くお仕事アドバイザー。

佐藤さん:広告代理店の営業部で派遣社員として勤務する26歳女性。
     自分の働くイメージを大事にしつつ、プライベートも充実させたいと考えている。

初田さん:美容系インスタグラマーとして活躍中で、化粧品メーカーやブランドで計10社の
     アンバサダーも務めている。
     普段は主婦業をメインとしながら、趣味でもあるコスメ関連のSNS投稿で収入を
     得ているなど現代的な働き方が特徴。

お仕事検索はこちら
https://www.jcsstaff.jp/search

バックナンバー

PAGE TOP

LOGIN